注意が必要な人材採用に対してのコツ

人材採用で注意したいポイントと「人財」を見抜くためのコツは、的確に人を見抜く力と言われます。求職者がどのような人物なのかを的確に見抜くことができるとすれば、それは大きなメリットになるといっても良いでしょう。しかし、実際には他人を正確に見抜くことができる人はほとんどいないので、少なからず独断や偏見によって他人を評価することになります。そして、最終的に良い結果が出れば成功、あまり良い結果が出なければ失敗といった風な「結果論」でのみ評価することができます。これは真理といっても良いことであり、この状況を180度ひっくり返すことはほぼ不可能です。しかし、失敗の可能性を減らして成功の可能性を増やすことは、人事担当者の努力と工夫次第で十分に実現できます。

「即戦力」を求めすぎないことが大切

人材採用の際、「即戦力を募集する」という状況は往々にしてあります。というより、ほとんどの企業は新卒採用時以外では即戦力となる人材に期待をしている状況ですが、実際にその期待が叶い続けることは少ないです。その理由として、「本当に力や才能のある人材は独自のルートで就職、転職を成功させるから」です。日本ではまだまだマイノリティですが、海外を見れば「自分を売り込む転職でキャリアアップする」ということが一般的になっています。「自分の価値を他人は正確に評価することができないので、自分で正確な価値を知らしめなければいけない」といったスタンスであることが大きな要因ですが、つまるところ、百戦錬磨の人事担当者であっても、人の本質的な価値を見抜くことは困難であるということです。

「長期雇用」を前提に人間性を見抜く

企業が抱えるコストのうち、「人件費」が最も大きなウェイトを占めます。個人企業などでは、人件費よりも在庫コストなどの方が大きな負担になることもありますが、在庫コストは資源なので実質的な価値は残ります。しかし、人件費に関しては別で、その人がしっかりと結果を出さない限りは何の見返りも得られません。端的に言えば、「お金をドブに捨てている状態」といっても良いでしょう。しかし、企業は人材がいなければ正常に機能しないため、高額なコストをかけて教育する必要があります。せっかく教育した人材が根付かず、すぐに辞めてしまう状態は危機的状況です。できるだけ長く勤務してもらうことで投資を回収できるので、人材採用の段階では「辞めない人」を採用することが非常に重要になります。

人材紹介会社からの人材獲得も強化できるよう人材紹介会社向けにオリエンテーションの場をもうけるサービスも行っています。 良い人材を採用し長く定着し活躍してもらえる流れをつくるためのサービスを提供しております。 メールでの問い合わせは24時間受付しています。 2004年に創業し10年を越え多くの企業の採用活動のサポートをさせていただいています。 人材採用のご相談はHRソリューションズへ