人材採用の準備に必要なことと心構え

要員や人材の不足は、日本のほとんどの企業で抱えている問題だと言っても過言ではありません。現場では慢性的な要員不足から、個々の社員に大きな負担がかかり、そのことが原因で早期退社を希望する人も多く、役職者などの人材を育てる余裕がないのが実態です。こうした課題の背景には、長期間続いた日本経済の不況と、少子高齢化が大きく影響していると言われています。大規模なリストラや数年にもわたる新卒採用の見送りは、未だに企業に大きな打撃を与えており、いかに優秀な人材を確保するかが、人事部門の大きな命題となっているのです。各企業においては、人材採用を専門的に扱うコンサルティングに依頼するなどの措置を講じていますが、単に依頼するだけでは大きな効果を得ることはできません。企業には、人材採用に備えた準備や心構えが必要なのです。

新卒の人材採用における注意点と心構え

優秀な人材を雇用するためには、厳しい労働市場を鑑みて、新規採用だけでなく中途採用も念頭においておく必要があり、それぞれに準備や心構えは異なります。新規採用の場合、彼らを会社の将来を担う人材として育成することが最も重要なことになります。そのため、採用基準や選考試験については、長期的な視野をもって策定することになります。つまり、長期的に企業を発展させるために必要な人材を選考する必要があるのです。そして、何より大切なのが育成方針です。最近では入社して間もない人が退職する事例も少なくありませんが、企業は数年先を見据えた育成方針を策定し、新規採用者が会社風土に慣れるよう、一定期間メンターを付けるなど、いわゆる英才教育を実施するための準備、心構えが必要なのです。

中途採用における注意点と心構え

企業が中途採用枠を拡大する目的は、即戦力の確保です。リストラなどが原因で不足している、中堅社員を補充するのが目的となりますから、人事担当者は現場との連携を密にし、どういったスキルを持った社員が必要なのか、しっかりと共通認識をもっておくことが何より大切です。採用管理の迅速化も、中途採用を確保する上ではとても大切です。人材不足は、競合他社においても大きな課題ですから、優秀な人材は取り合いになることも想定されます。採用事務の遅れや内定通知の遅れが生じないよう、採用管理システムなどの導入により、事務の簡素化を図ることが望まれます。また、選考基準の厳格化も大切です。即戦力となる人材は、容易に見つかるものではありませんが、安易に基準を下げてしまうと、社員の質の低下につながりますから、人事担当者は焦らず、しっかりと応募者を見極めることが必要となってくるのです。