人材採用を委託するメリットとデメリット

代行サービスには色々な種類がありますが、その中のひとつとして近年注目を集めているのが人材採用に関する代行サービスです。採用代行とも呼ばれているこのサービスは、採用手法の多様化・就職活動の長期化・有効求人倍率の高騰などの背景から企業からの需要が高まっている傾向が見られています。特に新卒採用だけではなく中途採用の需要も高まってきていることからも人材採用の選考プロセスの多様化が深刻になってきており、優秀な人材を確保するためのスキルを求める声も高まっています。そんな需要にこたえるサービスである採用代行を利用する際にはどのようなメリットがあるのかという部分に着目するだけではなく、どのようなデメリットが生じるのかという部分にも着目する必要があります。

人材採用を委託するメリットとは

まず採用代行サービスを利用するメリットとしては、採用活動を採用のプロに任せられるという点があります。企業内で採用業務を行なう場合と比較すると代行サービスの場合は採用に関する専門的な知識や技術を持っているスタッフが派遣されるため、企業の希望に沿った人材の採用を安定させることが出来ます。また企業の規模によっては人材の採用業務に人数や時間を割けないという場合もあります。そこで代行サービスを利用することによって、通常業務の人材を確保する事ができるので業務に集中できると言う効率面でのメリットもあります。ほかにも企業内の職員も一緒に仕事をすることによって採用に関する専門的な知識や技術を派遣されたスタッフから学ぶ事ができるようになるので、職員の教育に関するコストや時間も削減する事が可能です。

人材採用を委託するデメリットとは

逆に代行サービスを利用することによって発生するデメリットとしては、自社に採用業務に関する経験が蓄積されないと言う点があります。特に採用関連の業務を全て委託してしまった場合、契約を解除した後に同じように安定した人材確保が出来るのかどうかという保障が出来ないという問題が起きやすいです。そのため契約を継続しなければ採用業務が維持できないとなると、企業にとっては大きなデメリットになると考えられています。また業務を委託することによって、当然ですがコストが発生します。例えば採用規模が大きいなど規模の大きい採用業務であればかえってコスト面ではメリットがあるのですが、採用規模が小さいなど規模の小さい採用業務を委託してしまうとコスト面でデメリットが生じる場合があります。